ブチブチ映画ぶち転がし

映画の感想を書くブログです。新作と知名度が一定以下の旧作について書きます。

クソ映画『死霊の盆踊り』で踊る女達。

サイテー映画の大逆襲2020!『死霊の盆踊り』(HDリマスター版)&『プラン9・フロム・アウタースペース』(総天然色版) より

  

www.youtube.com

 

死霊の盆踊りの二回目を観たんですが、普通にめっさ楽しかったです。昔観た時は最低のクソ映画という肩書だけで観てやっぱりクソで「最低のクソ映画だ!」と周りに同調して言っていただけでそんな笑えなかったんですが、映画を観る経験を増やし自分の映画観が固まってきた今、すっごく楽しめる作品として観ることができました。色々見どころ勿論あるとは思うんですが、せっかくこんなほぼ全裸でたくさん踊ってくれたのでその踊る女達にフォーカスして所感をひとりひとり軽く書いていきたいと思います。オチは書いてませんが女ひとりひとり書いてるので一応ネタバレ注意()です。

 

続きを読む

『神々のたそがれ』感想・レビュー 

www.youtube.com

要約

人が神となる惑星、我々が神となる映画。ちんことうんことしっこと唾とネバネバの液体と残飯とその他の諸要素の氾濫と神の愚痴。無理はいけないよって教訓。

みどころ

  • ずっと汚い&美しい妥協なき映像、構図の美しさ
  • 映画ならではながら基本を無視した文法による物語の語らなさの気持ち悪さ
  • 神は辛いという語りかけに我々自身を省みる余韻
  • 隠れミッキーならぬ隠れちんちんを探す

こんな人におすすめ

  • うるさいのが好き
  • うんこ、ちんこ、しっこが好き

評価

汚い。凄い。

続きを読む

映画『ビリー・ブランクス in ヴィクトリィィーッ! キング・オブ・ドラゴン』感想・レビュー 俺の300円。

こんにちは、拘泥です。

ある日中古DVDを漁っていたところ…

 

 

 

Untitled

 

 

 

 

ふざけんなよ。買いました。300円。

続きを読む

映画『ポゼッション』感想・レビュー アンジェイ・ズラウスキー監督が送る映画史に残る傑作たまごっち

こんにちは、拘泥です。今回はアンジェイ・ズラウスキー監督の『ポゼッション』です。何も知らない方は予告を観ないですぐ本編観てほしい!ので、予告は載せません。

要約

全てがイカれた超絶大傑作。笑って泣ける最強映画。不条理な現実とその創造主たる神に対する怨嗟、「映画」という歪すぎる条理の語法がそれらへ究極のカウンターパンチを食らわす。

みどころ

  • 完全にトチ狂った両主演、特にイザベル・アジャーニの発狂
  • 個人的恨み満載のふざけたライバル男
  • 距離近すぎるポンコツ探偵
  • 映画全体としての二転三転どころではない成約のないバカと狂気のふざけ切った発露
  • それを煽りまくる素晴らしい音楽と美術
  • 神をも断絶するその狂気に宿る「映画」の根源的可能性

こんな人におすすめ

全人類

評価

伝説

雑感

続きを読む

映画『キャッツ』感想・レビュー 奇怪の極み!!伝説の最低映画『死霊の盆踊り』への熱いリスペクト!!

キャッツ CATS

極上のエンターテインメントなのはガチ


怖すぎる予告

www.youtube.com

 

こんにちは、拘泥です。今日はキャッツについて書こうと思います。


要約

死霊の盆踊りの魂をまるまる受け継いだものすごく気持ち悪いキチガイ達の爆笑乱痴気騒ぎ

みどころ

  • 見た目が怖い
  • 最初から展開が意味わからなくて怖い
  • 何がしたいのか全くわからないのが怖い
  • キチガイばかり出てきて怖い
  • なんとも言えない間のキモさがザ・ぼんちの漫才で怖い
  • どうしてこんなものを作ったのかわからなくて怖い

こんな人におすすめ

  • ヤベえ映画が好き
  • 付き合う前のデートに
  • ゲラ
  • 全人類

評価

最高

続きを読む

映画を観た感想を垂れ流すブログをはじめました。

 

狂い咲きサンダーロード 魔墓呂死

街中の奴ら全員ぶっ殺す!



はじめまして。拘泥といいます。よろしくおねがいします。

自己紹介をしておきます。

 

名前:拘泥

職業:大学生 京都大学工学部です。

出身:神奈川県

好きな映画の種類:キモすぎ映画 アホすぎ映画 イカれすぎ映画 普通に傑作すぎ映画

 

このブログは映画を観た感想、私的な見どころ、私的な素晴らしいところ、逆にクソだったところ、などを垂れ流すだけです。

映画の情報(監督やキャスト、あらすじなど)はそのへんに転がってるのでなるべく避けて、私感を伝えられたらなと思います。

 

元々書きたい気持ちはあったのですが、始めようと思ったキッカケは、キャッツがやばくて最高だったからです。

 

新しく観た映画、または昔観た知名度が一定以下であろう映画の投稿をします。映画に興味がある人がとりあえずここを見る。そしてこのブログを見てくれている人に、自分が観た映画、そしてその映画の自分の楽しみ方、自分が感じたことが指針になる。そんな状態になったらさぞや嬉しいなと思います。

改めましてよろしくおねがいします。